読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綾辻行人の「フリークス」を読みました

綾辻行人の「フリークス」を読了しました。 「殺人鬼」の次は「フリークス」です。 精神科病棟を舞台にした奇妙な短編集。 ホラー要素のあるミステリーです。 前回は外からの暴力でしたが ぜひ。 フリークス (角川文庫)作者: 綾辻 行人出版社/メーカー: 角川…

綾辻行人の「殺人鬼 ‐‐覚醒篇」を読みました

綾辻行人の「殺人鬼 ‐‐覚醒篇」を読了しました。 この作品は表紙も目を引くものがあり、絢辻さんの作品だからなんかあるだろう…と思わせる本です。 キャンプに来た若者が皆殺しになる話です。(キッパリ) この作品はエゲツないほど、理不尽な暴力、残虐、殺人…

綾辻行人の「殺人鬼 ‐‐逆襲篇」を読みました

綾辻行人の「殺人鬼 ‐‐逆襲篇」を読了しました。 前回の「殺人鬼」の続編です。 この本単品でも読むことができます。 前作の殺人鬼がどこかから湧いて出て、また殺意と暴力、理不尽な死を撒き散らしながら、今度は山から街へ降りてきます。 殺人鬼の正体を明…

誉田哲也の「あなたが愛した記憶」を読みました

誉田哲也の「あなたが愛した記憶」を読了しました。 女子高生が連続殺人犯を追いかけるという話。 出てくる3人の主要メンバーは所謂、近しい人の記憶の持ち主として生まれ変わりをしています。 突然、主人公の前に現れた高校生が亡くなった恋人との子供であ…

加藤元の「嫁の遺言」を読みました

加藤元の「嫁の遺言」を読了しました。 「嫁の遺言」はこの本の短編作からタイトルをとったものです。 若くして、奥さんを亡くした夫の悲しみの中の喜怒哀楽と「あ、これがこの人にとっての小さな幸せなんだ」と思わせる話。 どの話も哀愁漂うというか、切な…

中村文則の「迷宮」を読みました

中村文則の「迷宮」を読了しました。 胎児のように丸くなって死んだ女の周りに無数にある折り鶴……凄惨な事件現場を表現してるのに美しく、なぜか日本昔話の怖い話を聞いたような気分になりました。 殺された女が美しかったというのも、折り鶴の艶めかしさと…

湊かなえの「境遇」を読みました

湊かなえの「境遇」を読了しました。 生まれてすぐ捨てられた年の同じ女の子たちの話。 主人公の一人陽子は政治家の夫を持つ絵本作家。 もう一人の主人公は独身仕事一本の新聞記者の晴海。 陽子には子どもがいて、その子が誘拐されたというのがきっかけです…

百田尚樹の「フォルトゥナの瞳」を読みました

百田尚樹の「フォルトゥナの瞳」を読了しました。 ハードカバーで買おうか迷った「フォルトゥナの瞳」が文庫化されました(個人的に百田尚樹がすきなだけです)。 火事に遭い天涯孤独となってしまった主人公。 自動車の塗装の仕事をして細々と生活していました…

佐藤青南の「ある少女にまつわる殺人の告白」を読みました

佐藤青南の「ある少女にまつわる殺人の告白」を読了しました。 この本は完全に表紙買いで、佐藤青南さんを知ったのも本書でした。 表紙買いで買ってみたものの、話がとっても重いです。 頭のおかしい家族が出てきます。 虐待なんて当たり前です。 そこに男の…

山白朝子の「死者のための音楽」を読みました

山白朝子の「死者のための音楽」を読了しました。 「死者にしか聞こえないメロディ」と言えば、私の中では賛美歌のようなイメージをしていたのですが、もっと罪深いような音楽のようです。 というのも、(当たり前ですが)必ず、どの話にも死者が出てきて、救…

大石圭の「甘い鞭」を読みました

大石圭の「甘い鞭」を読了しました。 レイプされたことのある女医さんが、M女でビシバシされる話、と言ったらそれまで…。 私が買った表紙は、壇蜜さんのものですが、三次元の人が出てきてしまうと拍子抜けするので毎度の如くカバーをかけました。 この作品は…

本屋の店員になっておいしい思いができたこと

本屋の店員でなくても、飲食店などで働いていると「まかない」が付いてくることがあります。 本屋の「まかない」は本の割引きが多いです。いわゆる「社割」というものですね。割引き金額は消費税より多く安く買えたり、割引きではなくてポイントが多く溜まる…

桜木紫乃の「ホテルローヤル」を読みました

桜木紫乃の「ホテルローヤル」を読了しました。 表紙が「ホテル」にしては、灰色のところが印象的。 私はこれがチラチラ目に入るので、ついつい買ってしまいました。 ホテルというとキラキラしたイメージなのですが、確かにこの本はグレーがかった内容。 ち…

本の内容は分かるけれど、タイトルが分からないとき

本の内容は覚えてる、なんとなーくこういう内容だったような…というとき、その本を探すのも本屋の店員の仕事でもあります。 まず、本屋の店員には覚えてる情報をありったけ言って見てください。 「表紙」「登場人物」「題名がこんなのだったかな…」などなど…

辻村深月の「鍵のない夢を見る」を読みました

辻村深月の「鍵のない夢を見る」を読了しました。 辻村深月さんの本はいつでも、気持ちを汲み取るような表現があります。 今作は、犯罪が絡む短編集です。 この本の読了後は「なんか、オチが腑に落ちない…なんか不完全燃焼かも…」という感じでした。 辻村さ…

柚木麻子の「ランチのアッコちゃん」を読みました

柚木麻子の「ランチのアッコちゃん」を読了しました。 女先輩(アッコちゃん)の弁当を女部下(美智子)か作るという話!というのが簡単な説明だと思います。 この小説、表紙がまず、美味しそう。 出てくるお弁当も詳細が書かれてて美味しそう。 アッコ女史(先輩…

明けましておめでとうございます!

2016年も宜しくお願いします 今年も当ブログを宜しくお願いします。 今年もたくさん本と出会って行きましょう。 ちなみに本屋は街の中心地にあるところが開いているかもしれません。 2015年、最後に読んだ本は何でしたか? 去年最後に読んだ1冊は七月隆文さ…

2015年に読んだ小説ベスト10

おはようございます! みなさまはもう仕事納めされたでしょうか。自宅や帰省された方は実家でゴロゴロ過ごされているかもしれません。コタツのお供に小説はいかがでしょうか? どんな小説を買って良いのか悩まれる方もたくさんいると思います。購入の参考に…

本屋の漫画と漫画専門店の品物の違い

今回は、本屋と某アニメ・漫画専門店とのココが違ったなという点をご紹介します。 私はどちらにも務めたことがありますが、まず本屋はオールマイティ、だいたい何でも、どんなジャンルでもあります。 私の本屋では、漫画やライトノベルに力を入れているとい…

豊島ミホの「ぽろぽろドール」を読みました

豊島ミホの「ぽろぽろドール (幻冬舎文庫)」を読了しました。 某ネズミの国の人形にさえ、まずは恐怖からの構えをしてしまう私ですが、「ぽろぽろドール」はロリータな表紙とタイトルを感じました。 短編集ですが、思ったより暗く人形を自分に投影して、怪し…

唯川恵の「病む月」を読みました

唯川恵の「病む月 (集英社文庫)」を読了しました。 私は「ヴァニティ」のときから唯川恵さんが好きで、文庫版は見つけたら、すぐに買ってしまいます。 「病む月」は少し前にかなり前に出た文庫ですが、まず表紙が禍々しい。 唯川さんといえば、「女性」を書…

本の発売日を忘れないようにする簡単な方法

本屋の発売日はファンなら把握している!という熱意を持った人が多いと思います。 私もその一人で、必ず買うものにはカレンダー機能を駆使するほどです。 今回は発売日を忘れない方法と「ちょっと読みたい・集めてるけど、発売日過ぎでもいいか…」という方に…

樋口卓治の「ボクの妻と結婚してください。」を読みました

久しぶりの更新です。 樋口卓治の「ボクの妻と結婚してください。 (講談社文庫)」を読了しました。 癌で余命を宣告されてしまった放送作家の主人公。余命が僅かなら「俺がいなくなっても笑いがある世界を残そう」と決心し、まず妻の自分が死んだ後の結婚相手…

麻耶雄嵩の「神様ゲーム」を読みました

麻耶雄嵩の「神様ゲーム (講談社文庫)」を読了しました。 初めて読む作家さんです。 以前から表紙とタイトルが気になって、読んでみました。 自称神様と名乗る少年と掃除当番の場所が一緒になった主人公。 神様の力が本物か試して、本物なんだ…と神様である…

ペトスの「亜人ちゃんは語りたい(1〜2)」を読みました

ペトスの「亜人ちゃんは語りたい (講談社)」を読了しました。 亜人とかいて「デミ」と読む、普通に妖怪や妖精といった類の者が人間にごく稀に混ざって住んでいるという話です。内容は亜人研究をしていた先生が亜人達とドタバタ繰り広げる物語です。 吸血鬼、…

辻村深月・湊かなえ・米澤穂信・万城目学の「時の罠」を読みました

辻村深月・湊かなえ・米澤穂信・万城目学の「時の罠 (文春文庫)」を読了しました。 辻村深月、湊かなえ、米澤穂信の3人の名前を見て購入。タイトルの通り、いずれも時に関する話です。 辻村深月はうるっとくる話を、湊かなえは感情の表現を、米澤穂信さんは…

ヤマザキコレの「魔法使いの嫁(1〜4)」を読みました

ヤマザキコレの「魔法使いの嫁(マッグガーデン)」を読了しました。 「人間」がオークションにかけられ、それをエリアスという魔法使いが落札します。落札されたチセという少女は落札者エリアスという人外の魔法使いの「弟子」兼「嫁」になることに。 チセは…

湊かなえの「母性」を読みました

湊かなえの「母性」を読了しました。 久々の湊かなえさんの本です。 「母性」というタイトルから、湊かなえさんの匂いがしてきます。ハラハラドキドキです。 内容としては、母親が母親離れできてないために、愛着関係が持てなかった親子の話という感じ。 交…

森見登美彦の「新釈 走れメロス 他四篇」を読みました

森見登美彦の「新釈 走れメロス 他四篇 (角川文庫)」を読了しました。 この作品は、有名な著者の小説をあえて現代版にしてみよう!という試みの本です。 私が一番面白かったのは、「走れメロス」です。一応、元の物語に則しているところがなんとも言えない面…

聴覚障碍者の人とのコミュニケーション

ある日、いつものようにレジに立っていると耳を指差してから、検索機の紙を持ってきたお客様がいらっしゃいました。 すぐに「あ、耳が…」と気付き、手で詳しく検索できるパソコンの前まで移動してもらうように合図しました。 私に検索機の紙を提示していただ…

本屋でキレイな本を選ぶたったひとつの方法

本屋に行くと2冊目以降の本を手に取る人が多いと思います。 私も一番上のは立ち読み用だよなぁ…と思いながら、日々の生活の中でも、本屋の店員としても感じています。 そんな時間のパートナーとなる1冊はぜひ綺麗なものを選びたい!と思ったとき、綺麗な本を…

本屋であまり並ばず本を買える時間帯(暇な時間帯)

本を買いに行くとすごい混んでいる…ということがあります。 私の勤めている本屋は大体17時〜18時がピークです。 学校や会社が終わった頃、近所の人が買い物ついでにやってくる時間だからです。 なので、狙い目は12時、15時、19時頃です。 ちなみに、土日祝は…

本屋で予約できるもの、予約できないもの

本屋にもよりますが、予約「できるもの」と「できないもの」があります。 予約できるものは、漫画や文庫などの書籍が一般的で、雑誌も予約が可能です。 逆に予約ができないものは「発売から2週間切っている本や雑誌」と「取り扱いのない本、雑誌」です。 大…

本屋で働く私が得意ではなかったこと

私が得意ではなかったこと…ズバリ「プレゼント包装」です。 私の働いている本屋では、簡単なビニール包装と何種類か紙の包装があります。 お客様は見栄えのする紙の包装を選ぶ方がほとんどです。 (特に小さい子へのプレゼントだと可愛い絵柄を選んぶ方が多い…

2015年9月12日のKindle本の日替わりセール

今日のKindleの日替わりセールは、浅田次郎の「日本の「運命」について語ろう (幻冬舎単行本)」です。 日本の「運命」について語ろう (幻冬舎単行本)作者: 浅田次郎出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2015/02/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る

店頭検索機で「在庫あり」の罠

よく本屋には検索機が置いてあります。 欲しい本や著者名を入れるとヒットして、本棚の場所も印刷してくれるものがほとんどです。 この「検索機」…罠があります。 お目当ての本棚へ行くと本がない!ということです。 探しても、探しても見当たらない…そんな…

2015年9月9日のKindle本の日替わりセール

今日のKindleの日替わりセールは、後藤卓也の「大人もハマる算数」です。 大人もハマる算数作者: 後藤卓也出版社/メーカー: すばる舎発売日: 2014/07/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 他にもKindleストアで以下の書籍がセールになっています…

2015年9月8日のKindle本の日替わりセール

今日のKindleの日替わりセールは、柳澤協二の「亡国の集団的自衛権 (集英社新書)」です。 亡国の集団的自衛権 (集英社新書)作者: 柳澤協二出版社/メーカー: 集英社発売日: 2015/05/29メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 他にもKindleストアで以下…

いち早く新刊情報を手に入れるには

よく本屋には「今月の新刊」と書かれた長い紙が貼ってあります。 あれを辿って新刊情報を探すのはまず無理です。字が細かすぎます…。 そこで、いち早く新刊情報を手に入れる方法ですが、一番手っ取り早いのは最寄の本屋(もしくは、よく行く本屋)のメルマガ会…

2015年9月7日のKindle本の日替わりセール

今日のKindleの日替わりセールは、手塚治虫の「ばるぼら 1」です。 ばるぼら 1作者: 手塚治虫出版社/メーカー: 手塚プロダクション発売日: 2014/04/25メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 他にもKindleストアで以下の書籍がセールになっています。…

フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を読みました

かべ様よりいただいたフィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))」を読了しました。 かべ様より本を頂きました! - 本屋の中のひと 世界観は最終世界戦線で核戦争が起こり、地球では動物という動物が死に、人間…

2015年9月6日のKindle本の日替わりセール

今日のKindleの日替わりセールは、尾原和啓の「ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?」です。 ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?作者: 尾原和啓出版社/メーカー: PLANETS発売日: 2015/06/09メディア: Kindle版この商品…

伊藤計劃・円城塔の「屍者の帝国」を読みました

伊藤計劃・円城塔の「屍者の帝国 (河出文庫)」を読了しました。 本作は伊藤計劃が亡くなった後、それを円城塔が引き継いで書いたという作品です。 読みごこちとしては、やや難しいと感じました。 今まで以上に、横文字言い換えが多くなる ことと、登場人物が…

2015年9月5日のKindle本の日替わりセール

今日のKindleの日替わりセールは、児玉 光雄の「マンガでわかる記憶力の鍛え方 (サイエンス・アイ新書)」です。 マンガでわかる記憶力の鍛え方 (サイエンス・アイ新書)作者: 児玉光雄出版社/メーカー: SBクリエイティブ株式会社発売日: 2013/01/23メディア: …

2015年9月4日のKindle本の日替わりセール

今日のKindleの日替わりセールは、中島泰成の「プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術」です。 プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 impress QuickBooks作者: 中島泰成出版社/メーカー: インプレス発売日: 2015/06/12メディア: Kindle版この商品を…

子どもが本を買いにきたとき

小さなお子さんが、お母さん、お父さんに連れられて本を買いに来ることはよくあります。 大抵は、絵本だったり、音の出るおもちゃだったり、時には「ようちえん」のような雑誌だったりします。 ここで、注目すべきは「小学生(あるいは中学生)」です。 なぜか…

2015年9月3日のKindle本の日替わりセール

今日のKindleの日替わりセールは、スティーブン・レヴィの「グーグル ネット覇者の真実」です。 グーグル ネット覇者の真実作者: スティーブン・レヴィ出版社/メーカー: CCCメディアハウス発売日: 2012/08/31メディア: Kindle版購入: 1人 クリック: 16回この…

伊藤計劃の「ハーモニー」を読みました

伊藤計劃の「ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)」を読了しました。 伊藤計劃シリーズ2作品目。 本作は伊藤計劃シリーズの中でも読みやすく、終わりが残酷です。 ある意味これが、この3部作の最終地点なのではないか?と思います。 ますます、PSYCHO-PASSや攻殻機…

2015年9月2日のKindle本の日替わりセール

今日のKindleの日替わりセールは、梅木達郎の「サルトル 失われた直接性をもとめて シリーズ・哲学のエッセンス」です。 サルトル 失われた直接性をもとめて シリーズ・哲学のエッセンス作者: 梅木達郎出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2015/07/21メディア: …

かべ様より本を頂きました!(2回目)

再び、かべ様からナノブロック3体と「PSYCHO-PASS上・下」を頂きました!! ジャーーン!!!! SFは未だ未開拓…むしろSF好き方からの情報を募集したいくらいなので、とても嬉しいです。 そして何より、嬉しいのは、PSYCHO-PASSの小説!が届いたことです!!…