読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三浦しをんの「舟を編む」を読みました

三浦しをんの「舟を編む」を読了しました。

三浦しをんの本は本作が2作目です。 「舟を編む」は辞書作りの話です。 主人公の取り柄が辞書を作ることによって生かされ、辞書を作るのにはこんなに時間と体力がいるのか…と途方もない気持ちになってしまいました。

対で読むと面白いのは、同時期に出た百田尚樹の「夢を売る男」です。 こちらは詐欺で本を作り、手をかけない。 一方「舟を編む」は本物の本を全力で作るという姿勢。

どちらも、ぜひ。

舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

夢を売る男 (幻冬舎文庫)

夢を売る男 (幻冬舎文庫)