読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が本屋で働くことを決めた理由

私が本屋で働きたかった理由は、「読書が好き」が高じて、「本を触っていたい、売りたい、勧めたい」からでした。

色んな本を読むなら、本を買ってくれる人に「この作者さんなら、○○もオススメですよ」とか本トークをしたかったのもあります。 私の周りで読書好きがいなかったので、話したい!という欲求不満がありました。

本屋の店員になると「○○っていう雑誌探してるんだけど〜」というお問い合わせの他に「こんな感じの本が欲しいんだけど〜」という具体的ではないお問い合わせもあります。 そういうとき「本屋の店員でよかった!」と思えるのです。

本屋の時給は東京では「890円」が相場です。 他にも時給が高いバイトはたくさんありますが、本にカバーをかける作業、お客様をご案内することを一度すると、時給が気にならなくなります。

それくらい本屋の店員は楽しい仕事です。