読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辻村深月の「鍵のない夢を見る」を読みました

辻村深月の「鍵のない夢を見る」を読了しました。

辻村深月さんの本はいつでも、気持ちを汲み取るような表現があります。

今作は、犯罪が絡む短編集です。 この本の読了後は「なんか、オチが腑に落ちない…なんか不完全燃焼かも…」という感じでした。 辻村さんのダークな本といえば、言い過ぎですがなかなか暖かさは感じられません。

ただし、辻村さんの表現力は詰まっています。 一編、一編が読むとすぐに描写されていきます。

ぜひ。

鍵のない夢を見る (文春文庫)

鍵のない夢を見る (文春文庫)