読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤青南の「ある少女にまつわる殺人の告白」を読みました

佐藤青南の「ある少女にまつわる殺人の告白」を読了しました。

この本は完全に表紙買いで、佐藤青南さんを知ったのも本書でした。

表紙買いで買ってみたものの、話がとっても重いです。 頭のおかしい家族が出てきます。 虐待なんて当たり前です。 そこに男の子がヒーローのように現れ、監禁されてるような家から手紙のやりとりなどが始まり、児童相談所につながっていきます。

母親との面談などもありますが、どうにも胡散臭いところがあったり、蔑ろにされた子どもの末路という感じです。

希望を持って、新しい生活が待っていると思えば、また絶望の繰り返し。

家族間で起こる、少女の悲惨な末路に興味のある方にはオススメ。私は悪趣味ながらこの手の本もためになるなぁと読んでしまいます。

ぜひ。

ある少女にまつわる殺人の告白 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

ある少女にまつわる殺人の告白 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)