読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綾辻行人の「殺人鬼 ‐‐逆襲篇」を読みました

綾辻行人の「殺人鬼 ‐‐逆襲篇」を読了しました。

前回の「殺人鬼」の続編です。 この本単品でも読むことができます。

前作の殺人鬼がどこかから湧いて出て、また殺意と暴力、理不尽な死を撒き散らしながら、今度は山から街へ降りてきます。

殺人鬼の正体を明かすこと、殺人鬼と戦うことという要素が加わりますが、結局、「殺人鬼」ってなんだったの?という後味を引く怖さがあります。

前作同様、過激なスプラッタ、絢辻さんの得意な生々しい表現がふんだんに使われてるので、ご注意を!

ぜひ。

殺人鬼  ‐‐逆襲篇 (角川文庫)

殺人鬼 ‐‐逆襲篇 (角川文庫)