読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森見登美彦の「新釈 走れメロス 他四篇」を読みました

森見登美彦の「新釈 走れメロス 他四篇 (角川文庫)」を読了しました。

この作品は、有名な著者の小説をあえて現代版にしてみよう!という試みの本です。

私が一番面白かったのは、「走れメロス」です。一応、元の物語に則しているところがなんとも言えない面白さ。

他にも有名作品のパロディが収録されていますが、残念ながら他の作品は読んだことがなかったので、元ネタはわからないまま読んでいました。

しかし、元ネタが分からなくても、短編単体で読めるところが魅力的。

ぜひ。

新釈 走れメロス 他四篇 (角川文庫)

新釈 走れメロス 他四篇 (角川文庫)