読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湊かなえの「母性」を読みました

湊かなえの「母性」を読了しました。

久々の湊かなえさんの本です。 「母性」というタイトルから、湊かなえさんの匂いがしてきます。ハラハラドキドキです。

内容としては、母親が母親離れできてないために、愛着関係が持てなかった親子の話という感じ。

交互に登場人物が語りますが、母親パートの病み方が尋常じゃありません。マザコンを通り越して、病んでます。母親パートは子どものことを一切名前で呼びません。

最後の最後になって、名前を思い出したか、呼ばないといけないと思ったのか、で呼びます。

親を失ってアダルトチルドレンになった子どもが母親になることの難しさというのも考えさせられました。

最後は、すっきりまとまっているところが良かったです。

ぜひ。

母性 (新潮文庫)

母性 (新潮文庫)