読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊藤計劃の「虐殺器官」を読みました

伊藤計劃の「虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)」を読了しました。

「虐殺器官」は伊藤計劃のSF小説です。 伊藤経劃は34歳、肺癌で亡くなりました。その処女作が「虐殺器官」です。

「虐殺器官」というタイトルを見て、まずギョッとしました。 「器官」ってどういう意味で使ってるの?というのが、この本と出会ったときの感想です。

「虐殺を起こせる男」を暗殺することを命じられた主人公。 暗殺に手を焼きますが、最終的に「虐殺器官とは何か」を知ります。 主人公はそれを逆に利用したんじゃないか。というあらすじです。

この作品のいいところは「SF苦手でも読める」というところです。 SFといえば、「火星の人」から「時をかける少女」まで色々とありますが、ガチSFでもなく、軽いSFでもないところが「虐殺器官」です。

私の中でこの作品はアニメ「PSYCHO-PASS」「攻殻機動隊」に似たSFです。 つまり、SFに親しみのない人でも、読めるというのが特徴的です。

ぜひ。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

伊藤計劃の他の作品のレビューも書いています。合わせてどうぞ。

bookstore.hateblo.jp